買収|トレンドマイクロ(中国)

これも時代の流れでしょうか。

 

昨日日付で中国「亞信科技」社(=Asiainfo、NASDAQ:ASIA、2000年上場)により、トレンドマイクロ中国買収されました。

f:id:alienware:20150902095015p:plain

 

关于亚信-新闻中心

亞信科技によると、トレンドマイクロ(趨勢科技)社の中国における全ての業務を買収し、コア技術並び百を超える著作権利を入手した。亞信科技固有の電気通信技術をトレンドマイクロ社のクラウド・セキュリティ、ビッグデータ・セキュリティなどの技術と統合し、世界トップレベルのクラウド・セキュリティ会社亞信安全(亞信セキュリティ)を設立したとされる。
亞信セキュリティ董事長何政氏は、「今回の買収は亞信科技が"インターネット・リーダ"になる戦略目標への重要な一歩であり、中国サイバーセキュリティ業界発展にとっても大事な一刻である。中国は国家レベルでサイバーセキュリティを最優先している背景のもと、本買収は中国企業が世界トップレベルのクラウドセキュリティ重要技術・製品を手に入れ、中国がクラウド・セキュリティ業界での重要位置を獲得し、国家サイバーセキュリティの確保及び重要技術自主生産制御にとって大変重要な意味がある」と発言。

 

さてトレンドマイクロさんは南京に大きな研究開発センターも所有されてますが、南京研究開発センターは今回の買収とは関係なしに、引き続きトレンドマイクロ製品の研究開発を担当する、という説もありました。

さらに2014年より、中国政府調達サプライヤ一覧より、外国製アンチウイルス・ソフトは完全に排除されたとされ、その他セキュリティ関連製品については、一部侵入検知&脆弱性スキャン製品において IBM が採用された以外、全数中国産製品で占められた模様。またトレンドマイクロの国際企業的な背景は、中国がサイバーセキュリティ安全審査制度を打ち出した後、同社の中国国内での発展に少なからず影響を及ぼしたと思われます。

f:id:alienware:20150902100603p:plain

トレンドマイクロ(中国)のHPでも買収について伝えられてます。

http://www.trendmicro.com.cn/cn/about-us/newsroom/releases/articles/20150901013930.html

 

●「亞信科技」はどんな会社?
一言で言うと、電気通信事業からスタートしたソフトウェア会社、でしょうか。

 

英文社名:Asiainfo

NASDAQコード:ASIA(2000年上場)
-1995年中国初めての商用インターネットChinaNet を設立

-各主要 ISP インターネット・バックボーンを建設:

チャイナ・テレコム ChinaNet

チャイナ・ユニコム CUNet

チャイナ・モバイルCMNet

チャイナ・ネットコム CNCNet


-世界最大の VoIP 網、世界最大のブロードバンド会議網を保有
-信息产业部(現:工業情報化部)より「中国重点ソフトウェア企業」に指定される

- 2006年よりソフトウェア業界に進出、ソフトウェア開発へ力を入れる。

(現在ソフトウェア売上は総売上高の50%を超える)

-代表的なソフトウェア製品
AIOpenCRM 顧客関性管理スイート
AIOpenBI 経営分析CRMスイート
AIOpenXpert アプリ管理スイート
AIOpenBilling 統合費用計算スイート


 

中国セキュリティ業界では、企業・製品の本土化がどんどん進み、本土企業の海外進出(&日本上陸も)ジワリジワリと迫っています。