読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切符奪い対策|鉄道乗車券サイト

昨年末にリスト攻撃関連で紹介させてもらいましたが、中国では国営鉄道会社サイトはホットライン番号にちなんだ(12306.cn)であります。中国ではハイシーズンに鉄道切符を購入するのは一大苦労で、まだオフラインでしか購入できない時代はそれはそれは人混みの行列に並んで買えるのはまだラッキーな方で、購入できず途方に暮れてしてしまう方々も沢山いました。

f:id:alienware:20150317151413j:plain

そこで乗車券販売がオンライン上で行われる事が可能になったあとは、めでたしめでたしもつかの間、乗車券予約サイト(12306.cn)が負荷に耐えられずあっさりとちてしまったり、乗車券購入ツールを作成し一度に上限を超える人数分の乗車券を購入する荒業を繰り出す人間が後を絶えないなど、話題には欠かせませんでした。

 

特に乗車券購入ツールは「抢票软件」(乗車券奪いツール)とよばれ、起動してしまえば代理で常駐し、ずっと購入を試み、サイトに対し購入リクエストを投げ続けますので、満席の列車などのキャンセル待ちにはもってこいです。勿論、公平性を語る意味では、ずるいことになるかもしれませんし、なにより該当サイトに対する余分負荷は半端なものではありません。

f:id:alienware:20150317163853p:plain

 

このように何百回と、ゲットするまで忠実に実行してくれます。

f:id:alienware:20150317165505p:plain

 

 12306.cnは長らくこの問題に対し有効な対策を施す事ができないことで批判され、頭を抱えて悩んできました。そこで昨日新たな対策が施され、乗車券予約者が本当に人間であることを確認するために、認証プロセスを追加されました。画像認証です。

ちょっと変わった趣の画像認証で、中国のネットユーザがこぞって面白がってチャレンジし始めました。

以下に例をいくつか紹介します。

f:id:alienware:20150317162339p:plain

図解:全ての「圧力鍋」を選択せよ

家庭にひとつはある圧力鍋。大体のユーザは答えられると思いますが、火鍋も混ざっているところが少しずるさを感じます。鍋にいれる素材(ジャガイモ)も列挙されてる点は、なんとも。

 

f:id:alienware:20150317162355p:plain

図解:全ての「バイオリン」を選択せよ

うーん、ちょっとサイズが大きいビオラは該当にはいるのでしょうか??はいらないでしょうか?悩みました

 

f:id:alienware:20150317162403p:plain

図解:全ての「砂箱」を選択せよ

砂箱(サンドボックス)。。。間違わないと思いますが、迷彩服やまたもやジャガイモが現れるのはなぜに。

 

f:id:alienware:20150317162413p:plain

図解:全ての「名刺」を選択せよ

これは間違わないですね。

 

f:id:alienware:20150317162422p:plain

図解:全ての「ラジオ受信機」を選択せよ

これも間違わないと思いますが、なぜマックが2つも載ってるのか?理由がわかりません

 

f:id:alienware:20150317162436p:plain

図解:全ての「赤ワイン」を選択せよ

これも楽勝のはずですよね。

 

f:id:alienware:20150317162450p:plain

図解:全ての「戸籍謄本」を選択せよ

戸籍謄本。。。しかしなぜ ウサギと目覚まし時計?

 

f:id:alienware:20150317162457p:plain

図解:全ての「賞状」を選択せよ

蚊取り線香が2つ混じってるのはなぜ?

 

f:id:alienware:20150317162506p:plain

図解:全ての「櫂(かい)」を選択せよ

カイは間違えないと思いますが、ペンギンが混ざっているのは ペンギンの腕を櫂に見立てるひとがいるからでしょうか?

 

なかなかおもしろいものですが、キリがないのでここまで。。。

ご興味のあるかたは本家鉄道サイトでチャレンジされてください。

 

このように人間だと認める認証プロセスがアップグレードしたことで、乗車券を奪い会うことも今後は少なくなるだろう、と当事者達は胸を張ってますが、既にある乗車券奪いツール業者が ”我々はこの検証プロセスを既に突破可能になった”と鼻息を荒くして宣言しております。

 

さて今後はいかに。